ハンドメイドのピアスの梱包について

ハンドメイド
スポンサーリンク

ハンドメイドのピアスの梱包について

こんにちは、のもゆです。

ネットでハンドメイド販売を始めると
まず戸惑うのが商品の梱包ではないかと思います。

わたしはアクセサリー販売をしているのですが
始めたころは、ピアス等の壊れやすいアクセサリーを
どのように送ればよいか迷いました。

私がハンドメイドの販売を始めたころは
梱包についての情報があまりなくてすごく困りました。

今からハンドメイド販売を始める作家さんのお役に立てればと思い
今回は、私の体験談なども交えてご紹介します。

とりあえず封筒で送ってみた

まずは、100均で透明のopp袋とプチプチと茶封筒を用意し
かなり厳重にプチプチを巻き付けて郵便でお送りしてみることに。

この方法、フックタイプのピアスやネックレスは問題なかったのです。

ただ、スタッドタイプ(耳にまっすぐ刺さるタイプ)のピアスの場合・・壊れます。

私は半円のカボションに平皿のピアスを張り付けて仕上げるピアスを
よく制作するのですが、このようなピアスの場合には
3回に1回位は破損の連絡をいただいてしまいました・・

多分、連絡してこないお客様もいたかもしれないので5割くらいの確率で
破損していたのではと思います。

どのような破損かというと
カボションからピアス金具がとれてしまっているというもの。
ほとんどこの壊れ方でした。

そこで、接着剤を強力なものに変えてみたりしたのですが、
今度は金具はとれていないが、金具の芯(ポスト)が根元からポキッ
折れているとの連絡が入ってしまいました。

ピアスの金属ポストって結構頑丈なイメージがありますよね。
ポストが折れるとなると、相当の圧力がかかっているということです。

これの原因なんですが、
定型郵便は仕分けのときにローラーのような機械で宛名を読み取りして
プレスされることがあるそうでして、
封筒で送る薄手のものはそこを通っているのではないかと考えられます。

私は定形外郵便で送っていたのですが、封筒で送ると
定型郵便と同様の扱いとなってしまうのかもしれないです。

なので、とにかく封筒で送るのは実質不可能だとわかりました。

ハンドメイドのピアスの梱包は段ボールで

ピアスを封筒で送るのはかなり危険とわかりましたので
現在は、段ボールで送っています。

使っているのはこちらのショップの段ボールです。

 

ポイントは定形外郵便で送れること。
定形外郵便は送料が最安「120円」なのです。そして、とっても丈夫です。

わたしの場合は段ボール代を商品代金に上乗せして販売することにしました。
数十円程度ですから、それほど大幅な値上げにはなりません。

送料に梱包代を含めてもよかったのですが
送料はなるべく安くしたほうが、お買い求めやすいかなと思ったので。

でも、送料に梱包代を含めて販売してもいいと思います。
そのように販売している作家さんもたくさんいます。

ダンボールで送るようになってから破損連絡はゼロに

ダンボールで送るようになってから今までですが、
破損しているという連絡はゼロになりました

これまでにざっくり数百件くらいは段ボール発送をしていると思いますが、
本当に1件もないです。

そして、感じたのがお客様からの印象がすごくよくなったこと
レビューで「梱包が丁寧でした」といただくことが多くなりました。

たしかに、封筒で届くより箱で届くほうがずっとうれしいですよね。

破損していないことが最も重要です

せっかく気に入って購入したアクセサリーが
壊れて届いたら・・残念どころではないですよね。

当然のことですが、破損のないきれいな状態でお届けすることが
一番重要なことだと思います。

どんなにかわいいラッピングをしても、
商品自体が壊れていては元も子もありません。
どうぞ、梱包には十分気を配ってみてくださいね。

今回は以上になります。
ここまでお読みくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました